安城市歴史博物館 お知らせ

安城市歴史博物館で行われる企画展や催し物のレア情報をいち早くお届けします。

安城歴博・中京大学連携講座を開催しました

f:id:anjo-rekihaku2016:20180113161710j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20180113161701j:plain

 

本日は安城歴博中京大学連携講座「尾張藩の情報収集活動 ―殿中刃傷事件をめぐって― 」が行われました。
講師は講師は歴史文化学科准教授の白根孝胤氏です。
寒い中大勢のお客様にお越し頂きました。

 

世界情勢、事件などにおいて情報は大変重要な物となります。
インターネットや携帯電話など便利な通信機器が多く揃う現代において、それを検索し知る事はたやすくなっていますが、昔々の情報収集はどうなっていたのでしょうか?

現在でも歌舞伎や芝居など多くの題材に使われる忠臣蔵、赤穂事件。
田沼意次の息子意知が旗本佐野善左衛門に刺殺された江戸城殿中刃傷事件。
この二つの大きな事件を当時の人はどう知り得て、その後地方へどのように情報が広がったのか、白根先生の分かりやすい語り口と資料とともにご解説頂きました。
また、忠臣蔵の四十七士の一人である片岡源五右衛門が愛知県(尾張藩)とも縁深く、その点も皆様興味深そうに聞いておられました。
白根先生、ありがとうございました。


次回連携講座は3月10日(土)14時より「愛知県の自由民権運動」を行います。
講師は歴史文化学科准教授の中元崇智氏です。
申込は不要ですので是非お気軽にお越しください。