安城市歴史博物館 お知らせ

安城市歴史博物館で行われる企画展や催し物のレア情報をいち早くお届けします。

安城歴博・中京大学連携講座が行われました

f:id:anjo-rekihaku2016:20181117154720j:plain

本日、安城歴博中京大学連携講座「歴史における『日常』の発見-歴史ドラマ・小説と歴史学の接点を探る-」が行われました。
講師は中京大学歴史文化学科教授の小川和也氏です。

歴史好きの方にはお馴染の「大河ドラマ」この最高傑作は何だと論争になることはしばしばあるかと思います。
そんな非常に興味深い話題から始まった今回の講座は、歴史学時代考証がどのように日常に交わり、またそれが歴史に変化していくかをお話頂きました。
来年は改元され、この平成も過去となっていきます。
我々の日常も未来の人達にとっては歴史となります。
1日1日の積み重ねが過去=歴史となっていくと思うと、ワクワクしますね。
参加された皆様、小川先生、ありがとうございました。

 

次回講座のご案内です。

12月2日(日)14時より歴史博物館エントランスにて
記念講演会「幕府軍政改革と幕末の動乱」が行われます。
講師は東京大学史料編纂所教授の保谷徹氏です。
予約・料金は不要です。
11月24日より始まる特別展「幕府崩壊-幕末維新を生きた地方の証言者たち-」に関連した記念講演会となります。
ぜひお越しください

特別展にお越し頂きありがとうございました

f:id:anjo-rekihaku2016:20181107154800j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181107154809j:plain

 

特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」が終了致しました。
お越し頂きありがとうございました。

11月24日より特別展「幕府崩壊-幕末維新を生きた地方の証言者たち-」が開催されます。

平成三十年は、明治元年(1868)から150年の節目の年にあたります。
幕末維新と言えば志士の活躍が注目されますが、時代の表舞台には登場しなくとも、激動の時代に生きた記録を後世に残した地方の人たちが存在しました。
安城市域にも二人の人物の記録が伝わっています。
一人は幕府歩兵隊として水戸天狗党の乱追討、第二次長州征伐に従軍した安城村の農民柳助。
もう一人は天狗党の乱をきっかけに水戸を追われた後、福島藩に登用され、維新後藩の転封とともに三河に移り住み、里村(市内里町)で私塾を開いた水戸出身の漢学者石川部平です。
彼らはまぎれもなく時代をたくましく生き抜いた地方の証言者でした。

今回の特別展では、彼らの記録を中心に、幕末維新の世相や地域の混乱、幕府歩兵隊の動向などについて紹介していきます。

●関連事業●
12月2日(日) 14:00から
特別展記念講演会「幕府軍制改革と幕末の動乱」
講師:保谷徹氏(東京大学史料編纂所教授/所長)

12月15日(土) 14:00から
歴博講座「幕末維新の証言者たち-安城村柳助と石川部平」
講師:野上真由美(本館学芸員)
※予約/料金は不要です

●展示解説●
11月24日(土)
12月23日(日)
1月 5日(土)   各日14:00から
※予約は不要です。
時間になりましたら展示室までお越しください(要観覧料)

記念講演会「松本城と石川数正・康長」が行われました

f:id:anjo-rekihaku2016:20181103145951j:plain

本日、歴史博物館エントランスにて記念講演会「松本城石川数正・康長」が行われました。
講師は松本城管理事務所研究専門員の後藤芳孝氏です。
本館学芸員が松本に史資料調査に伺ったところ、たまたま後藤さんにお会いし、そのご縁で講演会をお願いするはこびとなったそうです。
三河にとって「裏切り」となった数正ですが、松本にとっては「恩人」である。
そんな大変興味深い切り出しで、松本と数正の関係をお話しいただきました。
先週の歴博講座に引き続き、たくさんのお越しをありがとうございました。

 

特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」は明日11月4日(日)までとなっております。
ご観覧頂いた石川(石河)姓の方にオリジナルポストカードを差し上げておりますので、身分証明書を受付にご提示ください。
最終日も17時まで開館しております(最終入場は16:30)是非お越しください。


11月24日からは特別展「幕府崩壊 -幕末維新を生きた地方の証言者たち-」が開催されます。
初日は14時より展示解説を行いますので、観覧券をご準備の上お時間になりましたら展示室へお越しください。

歴博講座「家康の友 石川家成、恋敵 康通」が行われました

f:id:anjo-rekihaku2016:20181027155556j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181027155611j:plain

 
本日、歴史博物館エントランスにて歴博講座「家康の友 石川家成、恋敵 康通」が行われました。
家康の従兄弟であり友でありまた腹心であった家成と、家康に仕えながら大胆にも家康の妾を奪った通康。
史料を通じてこの石川家当主二人を当館の三島学芸員が解説させて頂きました。
本館の戦国系の講座講演会は人気がありまして、今回も例にもれずたくさんのお客様にお越し頂きましたこと心より感謝いたします。
 
さて、当館では「全国の石川さんウィーク」と題しまして、本日より11月4日(日)まで、特別展をご観覧頂いた石川(石河)姓の方へ限定の「三河石川一族オリジナルポストカード」を進呈しております。
限定300枚となっております。
(※受付にて身分証をご提示ください)
 
次回講座のご案内です。
11月3日(土)14:00より記念講演会「松本城石川数正・康長」を行います。
講師は松本城管理事務所研究専門員の後藤芳孝氏です。
特別展最終日前日となりますので、是非展示と併せてお越しください。

「アルミ缶アートで戦国武将の家紋を作ろう」が行われました

本日、特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」の関連講座といたしまして、「アルミ缶アートで戦国武将の家紋を作ろう」が行われました。
講師はNPO法人CAN缶アートGの宇野美紀子氏です。
 
 

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014132900j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014132912j:plain

とても立派な家紋飾りですが、なんとアルミ缶で出来てしまうんです。
彫金の要領でアルミ缶を叩き、写しとっておいた模様を浮き出すようにしていきます。
 

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014133028j:plain

その後、マジックで色を際立たせれば完成です。
 

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014132931j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014132945j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014132959j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181014133010j:plain

みなさま自分の「推し」武将の家紋を大変楽しそうに作ってみえました。
中には石川数正の家紋を作って下さった石川さんもいらっしゃいました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
 
 
次回講座のご案内です。
 
11月24日(土)13:00~16:00
「マイ落款を作ろう」 講師:石川桂氏(篆刻家)
参加費¥500 定員20名
※申し込みは11/6(火)9:00~電話にて受付開始
 
素敵なオリジナル落款が作れます。是非ご参加ください。

展示解説が行われました

f:id:anjo-rekihaku2016:20181013160212j:plain

特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」の展示解説が行われました。


お出かけ日和の今日は前回にも増して熱量の有る戦国ファンの方々にご来場いただき、当初の予定よりオーバーしての解説時間となりました。
参加頂きありがとうございました。

 

今日明日(13日(土)14日(日))は全国の石川さんデーと銘打ちまして、身分証明書を受付にご提示いただいた石川(石河)姓の方は観覧料が半額になります。
この機会をお見逃しなく。

 

今後の関連イベントのご案内です。

 

10月14日(日)
終日 全国の石川さんデー 石川姓の方が身分証ご提示で観覧料半額
10:00~ 「アルミ缶アートで戦国武将の家紋を作ろう」
      参加費¥700 当日参加可

10月27日(土)
14:00~ 歴博講座「家康の友 石川家成、恋敵 康通」
     講師:三島一信(本館学芸員)

11月3日(土)
14:00~ 記念講演会「松本城石川数正・康長」
     講師:後藤芳孝氏(松本城管理事務所 研究専門員)
    

特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」は11月4日(日)までの開催です。
是非お越しください!

本日開館しております

記念講演会、松平シンポジウムが終わり、三連休の最終日は少し静かな安城市歴史博物館です。

ただいま開催中の特別展「安城ゆかりの大名 家康を支えた三河石川一族」に関連いたしまして、博物館とギャラリーをつなぐ渡り廊下にて武将の家紋をアルミ缶で描いたアルミ缶アートの展示を行っております。

f:id:anjo-rekihaku2016:20181008091613j:plain

f:id:anjo-rekihaku2016:20181008091616j:plain

なんと、この作品をご自分でも作ることが出来るんです。

 

●●関連講座「アルミ缶アートで戦国武将の家紋を作ろう」●●

アルミの空き缶をたたき出しながら浮き出しのアート作品を作るアルミ缶アートに挑戦します。
今回は戦国武将の家紋をモチーフにアート作品を作成していきます。

〔日時〕 10/14(日)10:00~12:00
〔会場〕 体験学習室
〔講師〕 宇野美紀子氏(NPO法人CAN缶アートG)
〔定員〕 25名(先着順)
〔費用〕 700円

まだ定員に空きがございますので、ぜひご興味のある方はご参加ください。

 

本日10月8日(月)は体育の日の祝日の為、開館しております。
エントランスでは簡単に着れる甲冑を着て、松本城と一緒に写真が撮れるコーナーを設けております。
大人サイズ・子供サイズともにございますので、ご家族で、お友達と、もちろんお一人でも職員が写真をお撮りしますのでお気軽にお声をかけてくださいね。

f:id:anjo-rekihaku2016:20181008091603j:plain